私聞けるタイプの人間なのでしょうか!

書類処理のための箱を用意しました

最近は夏場は比較的に落ち着いているはずですが忙しく過ごしております。

本来は夏場くらいはゆっくりすべきなのですが時間がある時しかできないことをしています。
人に会ったりセミナーや講演会に行ってみたり、本を読んでみたり、
事務所で作業をしているだけでは得られない情報もありますので。

そんな中で特に同業者の先生にお会いする機会が多くあります。

税理士法人の代表はしておりますが、平均年齢60代の税理士業界では当然若手ですし、
公認会計士の中でもまだ若手に入るのではないのでしょうか。

そんな状況なので成功している先生や自分とは他の分野の知識のある先生にお会いすると色々聞いています。

どんなことを事務所で取り組んでいるんですか?
集客ってどんな風にしているんですか?
その分野になぜ取り組んでいるんですか?

などなど

有難いことに大したプライドも持ってないので良いことは真似てしまおうというスタンスのせいだと思いますが。

若手の特権でもあるのかもしれませんね。
50代、60代の先生ができるとも思えないので。

苦労や失敗は若いうちにしておかないととも思っています。

先日はそこまで聞いてくる方は少ないねと言われて、そうなのかなと思いました。
失礼のないようにはしたいのですが聞きたいことは聞きたいわけで・・・
そこは貪欲に行きたいです。
結局は顧客サービスのアップにも繋がっていきますので。

夏らしいことはまだできてませんが今から企画したいですね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
サービスメニュー
節税や手続きが不安な方は税理士にご相談ください。 税務相談の詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

港区の新橋税理士法人の代表社員をしています。 公認会計士・税理士 2014年9月に税理士法人を設立し代表社員に就任しました。 新設法人から創業100年を超える老舗企業まで税務顧問をしています。 http://shinbashitax.tokyo/