確定申告とその後

追われておりまして更新できませんでした神田でございます。

確定申告については多くご依頼をいただきましてありがとうございました。
何とかやり切ったといった感じです。
それでいて直近も来年の申告のご依頼を新規でいただいていたりするので体制整備をしっかりしていかなければならないと思っています。職員のレベルアップにも期待したいです。あまりに早く新規受注をお断りするのも恥ずかしいので。

最近については融資の案件で政策金融公庫に足を運んだり、確定申告中保留になってしまったものについて対応しています。
会計監査の方も始まるのでその前にもフルスロットルでやっています。

今回はここ数カ月での対応事例や感じたことを記載します。

確定申告の説明をしない・・・

弊社では確定申告のご依頼をされてもそれは代理で作成しているだけで最終的にはご本人がしっかり納得していただくというのが重要と考えています。

先日のご依頼では母親を経由したとは言えお願いした先生からは全く説明もされずに連絡したらすでに申告済と言われたという件がありました・・・
聞いてみるといくらか還付らしいが内容はよく分からないとのことで、当たり前ですがその後の住民税の納付予定等も分からないそうです・・・高額所得者ですよ!

さすがに少数でしょうがまだそんな先生いるんだなと思いました。

忙しい時期は人間なので面倒だと思うことはありますがそれも含めて料金もらっていますし、それによって間違いが見つかり納税金額が減ることがあるかもしれませんので説明は凄く重要です。
説明しながら気が付くなんてことも。お客様に多く納税させるよりギリギリで気が付いてすみませんの方がまだいいです。
反省はしますが・・・

融資案件の対応しています

融資案件はここに来て件数を対応しています。

創業計画書や企業概要書についてはまずはご自身で記載していただいて手直しをしたり、資金繰り表を作ったり、一緒に金融機関に行ったりでしょうか。ご自身の事業をしっかり考える上でもまずは書類作成はご自身でというのを基本としています。

先日は窓口に行くのに管轄を間違えそうになりました。細かく記載されているので良く確認した方がいいですね。

個人的にはご希望額が借りられるのも重要ですが資金繰りについて特に確認してあげる必要があるかと思います。
その後の業績に見合っていなければ元本返済をとりあえず待っていただく等色々考えなければならず借りてからが本番ですので。
なので個人的には借りられたことで成功報酬をいただくやり方はあまり好きではありません。

株式も評価しないと

個人の確定申告の時期には贈与税の申告もあるわけで株式の評価等も似たようなタイミングで行っています。

特に事業承継を考えていたり、株だけ放置されていたお客様がそれなりにいらっしゃいますので。

株式の評価については正直分かりやすい書籍が少ないと思います。
文字ばかりだと泣きそうになりますね。
最近では『取引相場にない株式の評価完全入門』というのが当たり本として基本的な部分の確認として使っています。
何がいいかというと図やら実際の申告書等を多く盛り込んでくれているので分かりやすさでは一押しです。

この分野については複数人で対応しないと怖い分野ですが当たっていくしかないと思っています。
基本的なところを外さないように注意しています。

社会福祉法人や公益法人も対応しないと

役員をやっていたり新規で顧問をさせていただいたりもありまして色々調べながらやっています。

記帳代行を自身でやったことないのでチェックと確認ですが、基本的なところを理解できてない先生がそのまま顧問をやっていることが多いと聞くのでそうならないようにしています。

弊社としてはまだまだこれからの分野なので非常に検討に時間を要しますが勉強になる分野ではあります。

まとめ

ビビらずしばらく何事もチャレンジしていこうと思う日々です。

【編集後記】

息子の保育園の慣らしが始まりました。数年間早起きすることになりそうです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
サービスメニュー
節税や手続きが不安な方は税理士にご相談ください。 税務相談の詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

港区の新橋税理士法人の代表社員をしています。 公認会計士・税理士 2014年9月に税理士法人を設立し代表社員に就任しました。 新設法人から創業100年を超える老舗企業まで税務顧問をしています。 http://shinbashitax.tokyo/