Skypeでの打ち合わせに挑戦

相変わらず元気にやっています。
この時期は7月10日期限のものが色々あるのでそれに追われています。月末なのでもちろん決算にも。

夏の予定も色々決まってきて(飲み会くらいしかありませんが)夏場しか時間がないので楽しみです。
そんな中先日とうとうお客様とSkypeでの打ち合わせをしました。

サービスとして組み込んでいる先生も増えてきたし、私も英会話をSkypeで習っていた時期もあっていつかはとは思っていたのですがなかなか機会がありませんでした。今回はお客様の方から言っていただけたので。
特に遠方のお客様にはいいのかと思います。

メリット

・移動時間がかからない。
これがやはり双方にとってのメリットでしょう。会計事務所というのは人件費がメインであとは賃料とかソフト代とかが大半だと思いますが、移動時間というのは無ければありがたいです。もちろん移動中の有効活用も考えますが座れなかったりすると結構きついものがあります。
訪問をオプションにされている先生がいるのも分かります。
これはお客様に来社していただいている場合でもメリットですね

・日本全国対応
弊社の場合には静岡のお客様はいらっしゃいますが商圏というと現在はその辺りまでです。
月次での巡回を必須とはしていませんが、なんだかんだで年一位はお会いしているのでその辺りが今のままだと限界です。
Skypeプランをきちんとサービスとして作れば全国対応が可能ですね、

デメリット

・たまにはあうことも必要
なんだかんだで直接会う方が個人的には好きです。
近くのお客様にまで導入しようという気が個人的にはおきません。

・単独より組み合わせが強力。
税理士業の場合はクラウド会計ソフト等のクラウド系サービスがあってこそ成り立つのだと思いました。
クラウド会計であれば話ながらその場で修正して更新してもらえば相手も修正後の数字がすぐに分かります。

今後を考えると

税理士業界も人不足は深刻だと思います。
ますます税理士試験の受験者も減り、優秀な方の業界への参入も減ってくるようだと間違いなく足かせになってくると思います。

業務を効率化してその分お客様には違った部分で付加価値を提供していかないと難しくなってくると思います。
頑張ります。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
税務でお困りの方へ
節税や手続きが不安な方は税理士にご相談ください。 税務相談の詳細はこちら
社会福祉法人でお困りの方へ
公認会計士に業務を依頼したい方、社会福祉法人でお困りの方はご相談ください。 公認会計士、社会福祉法人メニューの詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

港区の新橋税理士法人の代表社員をしています。 公認会計士・税理士 2014年9月に税理士法人を設立し代表社員に就任しました。 新設法人から創業100年を超える老舗企業まで税務顧問をしています。 http://shinbashitax.tokyo/