他の先生の事務所を見るのも勉強になる

先日は独立した先輩の事務所にいってきました。

take offer会計事務所

自由が丘にオフィスがあるということで普段はいかないオシャレスポットに足を踏み入れたわけですが…
オシャレなのかはよく分かりませんがきっとそうなのでしょう。

税理士として

お互い監査法人出身で公認会計士からの税理士登録なので考え方は比較的近いとは思うのですが。
どのような税理士(事務所の方向性)になりたいかという話にもなりました。

理想の税理士像というのはそれぞれあると思いますが、100パーセント満足のいくサービスは難しいです。
税理士も色々いますがお客様も色々いるからです。

きちんとしたサービスを提供しようと頑張っていても会社のステージが変わり求める税理士のサービスも変わるということもあります。
良い意味でお客様自身も変わっていきます。

私としては何となく

経営者と同じスタンスで考えてくれる税理士
過去だけでなく,未来の数字を見る税理士
会社の成長と共に成長してくれる税理士

等など勝手な理想像を持っていますが。
あくまで目指す方向性ということで。

ほかの先生の事務所を見るのも勉強になる

中小の会計事務所は代表者のカラーが出やすいです。

良いことは真似したいとは思いますが何でも取り入れればいいとは思いません。
今の従業員に合う合わないもあるし、私自身も好き嫌いあるので。
例えばうちの事務所で朝から声出しや長々朝礼をやっても意味はないでしょう、というか私が疲れます。

私の場合には他の先生の事務所に行った際に一番気になるのが雰囲気です。

見てくれオシャレでもギスギスしていたりしてコミュニケーションが取れていないようでは組織としてきちんとした仕事ができるとは思えません。
ITがいくら発達したとはいえやはり一番重要なのはそこかなと思っています。

【編集後記】

代表者として実際に忙しくても余裕がある風を出さなくてはならないと思っています。
けどそこまでの余裕がありません。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
税務でお困りの方へ
節税や手続きが不安な方は税理士にご相談ください。 税務相談の詳細はこちら
社会福祉法人でお困りの方へ
公認会計士に業務を依頼したい方、社会福祉法人でお困りの方はご相談ください。 公認会計士、社会福祉法人メニューの詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

港区の新橋税理士法人の代表社員をしています。 公認会計士・税理士 2014年9月に税理士法人を設立し代表社員に就任しました。 新設法人から創業100年を超える老舗企業まで税務顧問をしています。 http://shinbashitax.tokyo/